2月3日は節分 豆まき いわしの頭 節分おばけ 恵方巻き 今年の恵方は? | 着物は着てこそキモノです!

2月3日は節分 豆まき いわしの頭 節分おばけ 恵方巻き 今年の恵方は?

2月3日は節分です

四季 それぞれの始まりの日を 立春・立夏・立秋・立冬といい
春の始まりが 立春です

季節と季節を分ける 
つまり 立春・立夏・立秋・立冬の前の日が節分に当たります

どの季節の始まる一日前も 節分ですが

今は 一年で一番最初の季節 春 が始まる前の日を

“節分”とよんで 新しい春を迎える いろいろな行事が行われます

2015年(平成27年)は 立春が2月4日ですから
『2月3日』が節分の日になります

●節分には 豆まきをします
一年の邪気を追い払う為に
古くから豆撒きの行事が執り行われていました

宇多天皇の時代に 鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを
祈祷をし鬼の穴を封じて 三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし
災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われています

何故 豆を撒くかと云うと 
穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっているという信仰から来ています

また 『マメマキ』という語呂合わせで
「魔目」(豆・まめ)を鬼の目に投げつけて鬼を滅する

「魔滅」に通じ 鬼に豆をぶつけることにより
邪気を追い払い 一年の無病息災を願うという意味合いがあるのだそうです

「福は内 鬼は外」と声を発しながら 福豆(炒った大豆)を家中に撒いて
鬼を追い払います

『鬼は外』と外に向けて豆を撒いたら 
すぐに戸を閉めて 鬼が入ってこないようにします

厄除けをするために かぞえ年の数だけ もしくは年齢より一つ多く豆を食べます 
そうすることで 体が丈夫になり
一年間 風邪をひかないという習わしがあるところもあるようです


●巻き寿司の丸かぶり
恵方巻き(巻き寿司)を 切らないまま 
その年の恵方に向かって 無言で丸かぶりして食べます
徐福 恵方巻きセット徐福 恵方巻きセット
()
徐福寿司

商品詳細を見る

2015年 今年の恵方は “西南西”です

恵方巻き 丸かぶりの由来としては
江戸時代の終わり頃 大阪の商人たちの商売繁盛と厄払いの意味合いで
立春の前日の節分に「幸運巻寿司」の習慣が始まったとされています

その原型は 船場の旦那衆の お茶屋遊びから来ているようですが
一時は途切れていたようです

昭和の初期になって 大阪鮓商組合や海苔協会などが
寿司海苔の販売促進を狙って
『節分に丸かぶりし寿司』というチラシを配り宣伝したそうです

以後も それ程広まってはいかなかった風習ですが
バブル期と共に 食文化も豊かになり 少しづつ根付いていったようです
くるくるワッフル 恵方巻 福くるくる ( ロールケーキ 節分 )くるくるワッフル 恵方巻 福くるくる ( ロールケーキ 節分 )
()
ワッフル・ケーキの店R.L エール・エル

商品詳細を見る

1998年 節分のイベントとして目をつけたセブンイレブンが
『恵方巻き』というネーミングで全国販売することになり 
一気に広まって行きました

フードイベントに便乗した 商戦の一つで
商売繁盛や厄払いという御利益は 後付けのモノのようです


●節分の献立 焼きイワシと畑菜の辛子和え

節分の日の献立として 地方によっても違うと思うのですが

私の住むところでは昔から
節分には『いわしの焼いたんと畑菜の辛子和え』が献立のメニューです

しかし 節分にイワシを食べるというのは 全国的のようで

その証拠には 節分の日の縁起物として知られる『柊鰯』があります

関西では『焼嗅(やいかがし)』や『やっかがし』
『やいくさし』『やきさし』など 色んな名前で呼ばれているようです

柊鰯の由来や節分に飾られる理由は魔除けのためです


昔から“臭いもの”や“尖ったもの”には魔除けの効果があるとして
祭事などによく用いられる風習がありました

節分の場合
魔は『鬼』のことで
“臭いもの”は『鰯の頭』
“尖ったもの”は『柊の葉の棘』を指しています

柊鰯によって鬼が家の中に入ってくるのを防ぐことが出来るというわけです


また もっと具体的に 焼いたイワシの臭いで鬼を遠ざけたり
尖った柊の枝で鬼の目を刺すとも言われています

ちなみにこの柊鰯の風習は実は古くからあり
平安時代に描かれた『土佐日記』や江戸時代の『浮世絵』に登場しています


●節分のお化け

厄払いの為に 節分の日に普段と違う服装で社寺参拝を行う

いつもと違う扮装をすれば 
魔を追い払うことが出来ると信じられたことから始まったものとされています

“節分のお化け”と云うと 今では 花街にだけ残っている風習です

東京の浅草 京都の祇園などの花街 大阪の北新地などでは
芸者(舞妓、芸妓)やホステスが
節分の前後に通常の芸妓衣装ではない 様々な扮装を凝らし

男性が芸者の格好をしたり 花街の芸妓さんたちがお侍さんの格好をしたり

歌舞伎で云う“天地会”のような 
普段 絶対にしないような格好をするという お遊びです(信心深くはありません)

しかし 昨今では 花街で粋なお遊びをするダンナ衆も少なくなり
大掛かりな“節分のお化け”は あまり見かけることができません

かろうじて“節分のお化け”で扮装している人も
アニメに出てくるキャラクターのような格好ばかりになっています

この“節分のお化け”とは違い
若い人たちが楽しんでいる『コスプレイベント』などのほうが盛んです
メイド ウェイトレス 服 フレッシュカラー 萌え イベント コスプレ 衣装 コスチューム オレンジMメイド ウェイトレス 服 フレッシュカラー 萌え イベント コスプレ 衣装 コスチューム オレンジM
()
コスプレ ファッション

商品詳細を見る

“節分のお化け”が 誰にでも参加できる節分のイベントになれば
節分をもっと楽しむことができるのではないでしょうか

関連記事

スポンサードリンク

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新記事

フォトブック

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (143)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!