帯のお話し | 着物は着てこそキモノです!

帯のお話し

のお話し

の役割
江戸時代の初めころまでは今ののようなものはありませんでした。
小袖を着る時の紐状のものが、装飾性を求めて袖丈が長くなり、
振りが開くようになると同時に紐がとなり、
幅も広くなっていきました。
材質としては染めのと織りの帯がありますが、
一般的に染めの着物に織りの帯、織りの着物には染めの帯と
いわれていますが、
その限りではなく、自己の個性をおおいに表現すればよいと思います。
着物一枚帯三本と言われるように、
一枚の着物も帯を替えることで、幾通りもの楽しみ方があります。
着物と帯のバランスに配慮する事をオススメします。

帯の種類

■丸帯
帯の中でも最も格式が高く、織り地は糸錦・金襴など豪華なもので
全通(全体柄)の広幅に織られ、約八寸の幅に二つ折りして
縫い合わせてある。
長さは1丈2尺以上あり、花嫁のお色直しや芸妓さんの正装に使われる。留袖や訪問着の二重太鼓にも使われる。
舞妓さんのだらりの帯は丸帯でできていて、
一丈六尺程もあり垂れ先に家紋が入っている。

■袋帯
重たい丸帯に代わって使われるようになった。
本袋帯は袋状(輪)に織られたことからこの名前が付いたが、
今では殆ど無地の布(帯裏地)と縫い合わせた縫い袋帯が多い。
おもて面の全面に柄のある全通や、手先側に一尺~一尺五寸と垂れ側に六割程度柄の付いた六通、八割ほど柄のあるものを八通という
緞子や錦の帯は華やかな振袖の変わり結び
(ふくら雀・花結び・文庫結び・熨斗 結びなど)に結び、
留袖・訪問着・色無地の礼装や略礼装のときに二重太鼓を結ぶ。

■名古屋帯
大正時代に名古屋の和裁の先生によって考案され、
手軽で便利なことから一般的に広まったと言われる帯で、
胴の部分が二つ折り(4寸幅)に縫われていて、
垂れ先側は三尺三寸ほどを折り返し(八寸幅)に縫われている。
お太鼓柄(お太鼓の面と胴の前に来る部分に柄がある)や
六通柄があり、一重のお太鼓結びができる。
染めの帯・織りの帯と種類も豊富で、おしゃれ着・普段着に用いられる。黒共帯はこの仕立て方になっていて喪服の時に締める。

■名護屋帯
北九州の名護屋という所に中国の明から移り住んだ渡来人が、
技法を伝承した太い(直 径5センチ程もある)組紐の帯を
名護屋帯と呼び、元禄時代に流行した。

■半幅帯
半幅(四寸)に織られた帯と、
四寸幅の二つ折りにして縫われたものとがある。
単衣のものはゆかたや夏の普段着に、
二重のものは金襴や錦・唐織の物もあり、
お しゃれ着に結び方をアレンジして楽しめる。
博多献上柄の帯は締めやすく飽きのこない定番柄として
年齢を問わず 人気があります。

■昼夜帯
明治・大正時代、裏に黒繻子を縫い合わせた帯を昼夜帯と言ったが、
今はおしゃれ用にリバーシブルの帯として
両面ちがう色柄を楽しめる帯のことを言う。

■夏帯
絽・羅・紗などの透ける素材を使うことで清涼感を醸し出す。
垂れ先側の両端を縫わずに開けておき、
涼しげに見せる仕立て方(トンネル仕立て)がある。

■兵児帯
総絞りのものや端絞りのものなどもある、
やわらかい広幅の布で三寸位の幅に折って
後ろで蝶結びか片蝶結びにする。
おもに男物の着流し用で正装には使わない。
着用が楽なので、小さな子供用の帯としても用いられるが、
最近は若い女子にもおしゃれに取り上げられている。
関連記事

スポンサードリンク

タグ/ 帯結び
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新記事

フォトブック

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (110)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!