下駄(げた)は、日本の伝統的な履物で、用途に応じて多種多様の素材でつくられ、形もいろいろあります。 | 着物は着てこそキモノです!

下駄(げた)は、日本の伝統的な履物で、用途に応じて多種多様の素材でつくられ、形もいろいろあります。

下駄



下駄 (げた)は、日本の伝統的な履物で、足を乗せる木でできた板に、歯を台に差込む構造のものと、一本の木から繰り抜いたものがあります。足の親指と人差し指の間に鼻緒を挟んで履きます。日本の伝統的な履物では、木製など硬質な素材でできた履物を下駄と呼び、草や樹皮、革などの柔らかい素材で作られたものを草履と分けられています。鼻緒が踵まで覆っていて足が離れないように踵の後ろで結ぶ形の履物を草鞋(わらじ)と呼んでいます。平安時代後期から江戸時代ごろまで日常的に用いられ、江戸期にはもっぱら雨天の履物であったようです。

下駄の種類いろいろ


山下駄


山下駄


山下駄 歯、台ともに一ツ木を刳りぬいてつくったもの。江戸初期に樵夫がつくって江戸に売りに出たのでこの名がある。台が四角で、桐製が多かった。



吉原下駄


吉原下駄


吉原下駄 ほぼ山下駄に同じだが、杉製。鼻緒は竹皮。江戸初期から中期ごろ、吉原の遊び客が雨に降られたときに待合茶屋が貸した。



ぽっくり下駄


ぽっくり下駄


ぽっくり下駄 吉原の花魁、嶋原の太夫に付く禿の履き物。舞妓、半玉、といった年少芸妓もこれを履く。または一般の幼い女子や少女の履き物。逆台形の黒塗り、もしくは白木のやや高めの下駄。畳表であることも。台の部分には豪華な金蒔絵などが施されることも。中に鈴を入れることもあり、歩くと音がする。別の呼び方として、「おこぼ」、「こっぽり」、「こぼこぼ」など。



露卯(ろぼう)


露卯(ろぼう)


露卯(ろぼう) 差歯の下駄で、台に歯のホゾが見えるもの。江戸初期ごろ。



柳下駄


柳下駄


柳下駄 柳の台に朴歯。差歯が抜けにくいのが特徴で、上方からの下りもの。17世紀後半に花柳界ではやった。



駒下駄


駒下駄


駒下駄 馬下駄をさらに進化させたもので、雨天だけではなく晴天にも履ける日和下駄である。17世紀末期に登場し、広く男女の平装として用いられた。明治以前におけるもっとも一般的な下駄である。



桐下駄


桐下駄


桐下駄 駒下駄登場の少し後から高級品、嗜好品として用いられるようになった。初期は黒塗りであったが、後に木地のものがふつうになった。



小田原下駄


小田原下駄


小田原下駄 18世紀初頭、江戸の魚河岸で生れた。後の日和下駄、利久の原型。蟻さし歯を用いて歯の根が台にあらわれず、歯がすり減れば入れなおすことができるという点が利点。また鼻緒に革を用いたところに特色があり、全体的に上品な仕上げであった。高級品であったが、河岸の魚屋が好んで履いた。



外方下駄


外方下駄


外方下駄(げほう、下方とも書く)台は桐の柾目、歯は樫の木丸歯。下り坂で履き心地がよいとされて、18世紀初期に流行した。菱や瓢箪の刻印を打って他のものと弁別したという。



助六下駄


助六下駄


助六下駄 歌舞伎十八番『助六』で主人公がはいている下駄。初演時(1713年)に流行した。台は桐の糸柾目で、小判形、朴の差し歯。



右近下駄


右近下駄


右近下駄 表面がカーブした歯のない下駄。土踏まずの辺りをくりぬいている。現代では、底にスポンジ張りが一般的。台表面に鎌倉彫などの装飾を施したものが多い。



日和下駄


日和下駄


日和下駄 足駄(雨天用)に対する意味でこの名がある。時期によって定義はいろいろとあるが、男物の場合は角形で台は桐(糸柾目が高級品)、長さ七寸二~三分(女物は五分ほど短い)。歯は二寸二分程度がふつうで(大差という)、これを三寸三~四分にすると(京差という)、足駄(高足駄)というようになる。



利久下駄


利久下駄


利久下駄 差歯の日和下駄。主に上方のみでこの名がある。千利休が考案したといわれる。
吾妻下駄 日和下駄の表に畳を打ちつけたもの。江戸末期に流行した。桐の台、赤樫の歯。鼻緒はビロウドが多く、低いものが主流だった。



鉄下駄


鉄下駄


鉄下駄 木ではなく鉄で作られた下駄。清水寺の七不思議のひとつ 弁慶の鉄下駄 清水寺 弁慶が使っていたとされる。



高下駄


高下駄


高下駄 歯が上下方向に長いもの。普通の下駄より高さがあり、履くと身長が高く見え、高下駄と呼ばれる。歯が厚いものを書生下駄と呼んだり、歯が薄いものを板前下駄と称する。



厚歯下駄


厚歯下駄


厚歯 下駄の歯が前後の方向に厚い寸法のもの。高下駄で厚歯のものがあり、特にバンカラと呼ばれた学生に愛用された。 金色夜叉で貫一がお宮を下駄で蹴り飛ばす場面で貫一が履いている下駄がこれである。



田下駄


田下駄


田下駄 弥生時代の遺跡からも発掘されている、日本で最も古い履き物。田んぼでの農作業に使ったり湿地を歩くために使ったと思われる下駄。これが日本の下駄の原型だと思われる。



一本歯下駄


一本歯下駄


一本歯 下駄の歯は2本だが「一本歯下駄」も存在する。山道を歩くための下駄であり、山の中で修行する僧侶や山伏などの修験者が主に用いた。このことが由来となって天狗が履いていたとされ、「天狗下駄」とも呼ばれる。昔は越後獅子など芸能や曲芸をする者がバランス能力を見せるために履いたが、近年改めて体のバランス感覚(平衡感覚)を養う、足腰を鍛える、整体やリハビリなどに良いとして子供から大人まで履かれることもある。



下駄スケート


下駄スケート


下駄スケート 下駄の歯に鉄製の刃を取りつけた日本独特のスケート靴。明治から昭和30年代中頃まで日本各地で用いられた。



八ツ割下駄


八ツ割下駄


八ツ割下駄(ヤツワリ) 台表面にイグサや裂いた竹を編んだ表(おもて)を貼り、台自体に七つの切れ目を入れて歩行時に足の裏に台が追随するようにした下駄。歯はない。地域により呼び名が異なり、八ツ割は関西圏での呼び名。その形状から、雪駄に準ずる扱いをする場合もあるようであるが、明確ではない。現代では裏にゴム張りをされていることが多い。




下駄と言う呼び方は戦国時代からと推測されていますが、下は地面を、駄は履物を意味しています。それ以前は「足駄」と呼ばれていました。
下駄の素材となる木材は、杉・桐・朴・樫・欅などで、高硬度で歩行時の摩耗が比較的少ないものが、下駄としての寿命が長く重宝されます。
近年改めて体のバランス感覚(平衡感覚)を養う目的や、足腰を鍛える、整体やリハビリなどに良いとして子供から大人まで履かれることもあるようです。

関連記事

スポンサードリンク

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新記事

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (58)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!