日本髪の髪型には個人情報が盛り込まれています。日本髪の髪型を知りたいなら日本舞踊をご覧になってください。 | 着物は着てこそキモノです!

日本髪の髪型には個人情報が盛り込まれています。日本髪の髪型を知りたいなら日本舞踊をご覧になってください。

舞妓さんの髪型



京都の舞妓さん以外で日本髪を地髪で結っている人を見かけることはほとんどありませんが、歌舞伎や日本舞踊の舞台では、色々な結い方の日本髪姿をみることができます。それらは鬘ですが、鬘の台を作って髪の毛を植える鬘師さんと、その鬘を役柄に合った髪型に結い上げる床山さんの、共同作品なのです。此処一番、職人の腕の見せどころです。

日本舞踊に使われる鬘の髪型と舞踊の役柄


京鹿子娘道成寺の白拍子花子の鬘


京鹿子娘道成寺の白拍子花子の鬘


京鹿子娘道成寺の白拍子花子の鬘
桜満開の春、道成寺では鐘の供養が執り行われることになります。そこへ、白拍子の花子(実は清姫の幽霊)が鐘を拝ませて欲しいとやってきます。お寺の小坊主たちは白拍子が珍しく、舞を見せてもらうことを条件に女人禁制のお寺に入れてしまいます。花子は約束通り舞を披露しますが、踊っているうちに花子は清姫の本性を現し、小坊主たちの制止を振り切って鐘に飛び込みます。そして大蛇となって鐘に取り憑いてしまうのでした。



藤娘の鬘 文金結綿


藤娘の鬘 文金結綿


藤娘の鬘 文金結綿
藤娘は、大津絵の『かつぎ娘』に題をとった長唄による歌舞伎舞踊の演目。
大津絵から出て来た娘が藤の精となって踊るという趣向の五変化舞踊のひとつ
藤の絡んだ松の大木は、松が男を、藤が女を象徴している。筋は、藤の絡んだ松の大木の前に藤の枝を手にした藤の精が、意のままにならない男心を切々と嘆きつつ踊る。やがて酒に酔い興にのって踊るうちに遠寺の鐘が鳴り夕暮れを告げると、娘も夕暮れとともに姿を消す、というもの。



羽根の禿 禿島田


羽根の禿 禿島田


羽根の禿 禿島田
遊郭に住み込む幼女のことをかむろと呼んだ。幼児のうちに遊郭に売られてきた女子や、遊女の産んだ娘が該当する。最上級の太夫や、または花魁と呼ばれた高級女郎の下について、身のまわりの世話をしながら、遊女としてのあり方などを学んだ。



元禄花見 元禄島田


元禄花見 元禄島田


元禄花見 元禄島田
元禄島田髷/江戸時代初期(げんろくしまだまげ). 日本髪の代表的な髪型のひとつで、江戸初期に若衆歌舞伎の役者が結った若衆髷が変化した髪型。東海道島田宿の遊女が結いはじめたといわれているが、のちに町娘などに流行していった。



つぶし島田


つぶし島田


つぶし島田
島田髷の派生の一つで根を低く取り、根元にクッションを入れないために髷に水引を掛けると髷の前方部分の真ん中がぺしゃんと潰れてへこんでいるのが特徴で崩れた印象から芸者などの粋筋に結われた。弘化年間には後部を細く前部を太くして根を高く上げる型も登場し、嘉永年間には根の高い形のほうが髪飾りが目立つといって多くの遊女に結われていた。クッションと丈長などで高々と根元を上げる高島田(奴島田)に対抗する島田として登場したもので、最初遊女(私娼)が考案したものと言うが芸者や女師匠や歌舞伎役者を通じて粋好みの娘に広まった。



歌舞伎や日本舞踊に使われる鬘の髪型は、数え切れないほど多くの種類がありますが、髪型を見るだけで、その人がどういう身分で、どういう暮らしをしているか、人格や職業までを髪型で知ることができます。

関連記事

スポンサードリンク

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新記事

フォトブック

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (144)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!