帯と着物の調和が大切です 礼装用から普段着街着用まで用途別帯の種類と結び方 | 着物は着てこそキモノです!

帯と着物の調和が大切です 礼装用から普段着街着用まで用途別帯の種類と結び方

帯と着物の調和

帯には 丸帯袋帯なごや帯・袋なごや帯・掛け下帯・半幅帯角帯兵児帯昼夜帯など、たくさんの種類があります。着物にフォーマルとしての礼装があるように、その着物にあわすべき帯にも『格』があります。帯の種類というと材質の違いや形状の違いも多種多様ですが、帯も着物同様 格の合ったものどうしを選ばなくてはいけません。格式の調和・材質の調和・色彩の調和を考え、美しい着物姿、美しい着こなしをするためには、それぞれの帯の種類とその特徴を知っておくと便利です。

帯の種類と帯の特徴


丸帯


丸帯

丸帯は帯の中でも最も格式の高い帯です。糸錦・金襴・琥珀錦など、全体に紋様を織り出した広幅(約70センチ)の帯地を二つ折りにして縫い合わせたもので、表裏両面すべてに柄が繋がって施されています。長さは1丈1尺~2尺(3m90cm~4m30cm)ほどあります。丸帯はどんな結び方をしても柄が出るので、豪華さは満点ですが、何といっても重くて堅いので、花嫁さんのお色直しや、芸舞妓さんの正装用に使われることが多い帯です。



袋帯


袋帯


丸帯にかわって需要の多いのが袋帯です。本来は筒のように袋状に織られたことからこの名前が付きましたが、現在は筒状に織らず、二枚(表地と帯裏地)をミシンで縫い合わせてある“縫い袋”と言う袋帯がほとんどです。織りの帯シェア日本一の西陣織工業組合の規定では、長さは4m16cm以上とされていますが、現状は4m~4m20cm前後とまちまちです。袋帯は表に柄があり、裏面は無地になっていますが、帯の表側全面に柄のあるものを“全通”六割柄のあるものを“六通”と呼んでいます。色々な変わり結びを楽しむには、手先の柄が45cm~50cmはあるものが便利です。緞子地や錦地の袋帯は、芯を入れる必要はありません。両端の無地の部分を内側に折り込んで縢っておきます。袋帯には夏物として“絽”や“紗”のものもあります。華やかな色使いの袋帯は、振袖の変わり結びをします。黒留袖や色留袖、訪問着など礼装用には二重太鼓に結んで使用します。



なごや帯(九寸なごや帯


なごや帯(九寸なごや帯)


なごや帯は、大正時代に名古屋で考案されたものと言われていますが、一般に使われるようになったのは、昭和に入ってからです。幅八寸(30cm)長さ3m60cm~3m80cmくらいで、お太鼓になる部分約1m50cm程を幅30cmに、胴回りと手先になる残りの部分を15cm幅に芯を入れて仕立てます。なごや帯にも六割程度柄のある“六通”と、帯を結んだ時に前になる部分と、お太鼓の部分に柄のある太鼓柄の二種類があります。九寸に織られた帯地を、八寸に仕立てるものを“九寸なごや”と言います。



袋なごや帯


袋なごや帯


袋なごや帯は、長さ3m60cm~3m80cmくらいで、幅八寸に織られたもの(綴れ帯など)を、芯を入れずに端を共糸で縢って使います。お太鼓になる部分120cmほどを二重にして縢り、胴回りは二つ折りにして使います。帯芯を入れないので、手軽に締められるので、お洒落着などの気軽なお出かけにピッタリです。袋なごや帯の柄にも六通柄と太鼓柄があります。



掛け下帯


掛け下帯


掛け下帯は、打ち掛けの下に着る掛下振袖に締める帯のことで、花嫁衣装のときに締める帯です。幅24cm~26cm 長さは4m~4m30cmほどあります。種類も丸帯のように広幅で織り二つに折ったものと、金銀両面を腹合せに縫い合わせた物、折り返し以外が腹抜きになった踊り仕立て形式のものなどがあります。結び方は文庫結びにします。



半幅帯


半幅帯


半幅帯は、並幅(30cm)に対して、半分の幅の帯を半幅帯と言います。ひとえ帯と輪になった小袋帯の二種類があり、おもに浴衣や夏の着物用に使われていましたが、最近では緞子や錦・唐織などの正装用の半幅帯も出回ってきました。『着物を着たときはいつもお太鼓結び』というのではなく、浴衣や夏の着物でなくても、半幅帯で着物の種類に応じて帯結びを自由に結べます。おしゃれ着や普段着の着物には半幅帯で、文庫に結んだり、貝の口や吉彌結びなど、楽な結び方で着物を楽しめます。



男帯(角帯


男帯(角帯)


角帯は、幅約10cm 長さはまちまちで、結ぶときに二巻にしたり三巻にする場合もあります。男の帯は腰の位置で締めるので、三巻にするほうがきっちりと締まるようです。博多織の無地のものや、献上柄・紋織などが圧倒的に多いのですが、紬地や綿のものもあり、着物と合わせて楽しめます。合繊の角帯は滑りやすいものもあり、緩みがちですので素材選びに注意が必要です。



兵児帯


兵児帯


男性用の兵児帯には、総絞りのものと端絞りのものがあります。長さは3m60cm~3m80cmくらいのものが多く、幅を10cmほどに折って胴に二巻し、後ろで片蝶か、蝶結びにします。男性の着物姿は粋に着こなして欲しいものですが、兵児帯はあくまで普段用ですので、正装用にはなりません。
兵児帯は男性用の外に、子供用の兵児帯もあります。兵児帯は帯を結んでいても楽なので、小さい子供用に最適です。
最近の兵児帯としては、若い女性に人気のある“ふわふわ”した地風の生地を使ったものがあります。夏の浴衣用に、いろいろアレンジすることができ、軽くて楽なところも人気の秘密かもしれません。



昼夜帯


昼夜帯<br />


昼夜帯は明治・大正の頃、帯の裏に繻子地を貼った帯のことを昼夜帯と呼んでいました。昭和に入って なごや帯が普及すると同時に 繻子を貼った昼夜帯は姿を消していきましたが、一本の帯で両面二通りの使い方が出来る便利さが、リバーシブル帯と言う名前で、昼夜帯が見直されてきています。
喪服のときに締める“黒共帯”が、夏用と冬用をリバーシブルにして作られ、重宝されています。




帯が苦しくて着物がイヤだといわれる方が居られますが、帯自体はそれ程ぎゅーぎゅー締めるものではありません、ポイントの部分が緩まない様にと云う事だけを注意して、あとは折り紙を楽しむように、いろんな帯結びをアレンジして楽しめば、着物ライフが広がりますよ!

関連記事

スポンサードリンク

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新記事

フォトブック

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (108)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!