着物を着付ける前に用意しておく和装小物 これだけ揃えれば今すぐキモノが楽しめます | 着物は着てこそキモノです!

着物を着付ける前に用意しておく和装小物 これだけ揃えれば今すぐキモノが楽しめます

着られないなんて言わせません


着物を着たいと思ったときに 着物と帯以外に何が必要ですか?とよく訊かれます。自分で着るときも、着付けてもらうときも、どんな和装小物を揃えておけば良いかをまとめてみました。常にこれだけのものをひとまとめにしておくと、イザと言うときすぐに役立ち便利です。もう、着られないなんて言わせません!

着物を着る時に必要な和装小物は揃っていますか?


着物の下に着る長襦袢


着物の下に着る長襦袢


着物の下に着る長襦袢の仕立ての種類にも、単衣仕立て・袷仕立て・無双仕立て(袖の部分だけ袷)薄物仕立てがあります。気候や気温との温度調節は着物と着物の仕立て方、襦袢の仕立て方や材質の選び方で幾通りもの組み合わせが出来ます。
襦袢の仕立て方には 吾妻襟のものと立襟つきのものがありますが、立襟付きの方が前幅が広く襟合わせが崩れにくいようです。
最近では二部式の襦袢も多くなっています。胴のところで生地が嵩張ってイヤだと言う人もおられますが、着丈の調節が容易で着やすく人気があります。



着付けに必要な和装小物


着付けに必要な和装小物



着物を着る時は一番下から、足袋・裾除け(お腰)・肌襦袢長襦袢・着物・帯・帯揚げ・帯締メですが、
それらを着るための腰紐4~5本・伊達締め帯枕・前板などが必要です。体型によっては補正のタオルや脱脂綿を用意します。また、装飾のために重ね襟・抱え帯・しごき・飾り紐などを使う事もあります。



衿芯


衿芯


衿の形が崩れないように、長襦袢や半襦袢に芯として入れるものです。目の細かい薄地の綿織物を用いるほか、生地をバイヤスに裁断したものがあります。近ごろはポリエチレンやナイロンなどの合成樹脂でできた衿審芯が多く使われています。長襦袢の半衿の下に通して使います。



半襟


半襟


襦袢の襟は必ず半襟をつけて着ます。留袖や喪服のような礼装には白を用いますが、振り袖や訪問着には刺繍の襟を使ったり、小紋や色無地に色物や柄物を使って、襟元の雰囲気を変えることが出来ます。今の半襟の形式は、江戸時代中期にできたといわれています。明治から大正にかけては、女性の着物の色柄が地味だったため、その分、半襟は総絞りや刺繍入り、友禅染などの華やいだものが好まれました。半襟の素材は縮緬・塩瀬・羽二重など、また夏物には絽や麻があります。
半襟は襦袢の地衿に縫いつけ、装飾と汚れ防止を兼ねています。



肌襦袢


肌襦袢


肌に直接着用し、肌の汚れや汗を取るための下着です。素材は肌触りがよく、汗を吸収し、通気性のある晒し木綿を用いた単衣仕立てのものが多く、ガーゼの袷仕立てのものもあります。肌襦袢は裾除けと一緒に用いますが、両方の機能を合わせたワンピース型が便利です。



裾除け(下おこし)


裾除け(下おこし)


腰に巻きつけて着用するもので足捌きの良い材質のものを用います。
「着物を着るときは下着を着けないのですか?」と訊かれることがあります。昔は女性用の下着(パンティー)と言うものは無く、下おこしがその役目をしていました。今はパンティーラインが表に響かないよう気を付けて下着は着けます。裾除けの代わりに和装用ステテコを着用すると足捌きが良くなります。




二部式襦袢


<br />二部式襦袢



長襦袢とは肌襦袢と裾除けの上に着るもので、対丈に仕立てておくと着易く便利です。裾まである襦袢を長襦袢と言い、上半身だけの半襦袢(下おこしとは別の裾よけと共に用いる)もあり、二部式の襦袢と言います。二部式の襦袢で袖と裾の部分にだけ襦袢地を用いて、胴のところは晒しや木綿地を使った襦袢をウソツキ襦袢と言います。長襦袢の袖丈は着物に合わせ、半襟を掛け、きものの汚れ防止と共に保温の役目もします。生地は綸子・縮緬・羽二重・ポリエステルがあります。夏には表地に合わせて絽や麻を使います。礼装用には白地を用いますが、普段の着物には色物や柄染めのものを用います。袖口や振りから覗く長襦袢と着物との色の調和は和服の美しさのひとつです。



伊達締め


伊達締め


長襦袢や着物の前合わせを整えて締める幅の狭い単帯のことです。博多織・正絹無地・絞り・合成繊維・ゴム地などが用いられています。一般に結びやすいように両端がやわらかい地風のものを伊達締めといい、夏用に薄手の紗の織物もあります。



腰紐


腰紐


着付けに使う紐のことです。腰帯とも言われ着物を着る時、着崩れしないように形を整えたり、おはしょりをするために結ぶ幅の狭い紐のことで、生地としては普通メリンスがよく用いられますが、近年は合成繊維や中に芯を入れた幅2~3センチのくけ紐や、しごき風の絹などもあります。幅は4~5センチ程度、胴に2周まわして結べるだけの長さが必要です。嵩張らず結び目が緩みにくいものが適しています。



足袋


足袋


足を覆い包む和装小物です。昔はほとんどが革製で、指先がわれていない形(しとうず)でしたが、室町時代以降現在の形になったようです。こはぜも元禄年間から現れ、それ以前は紐で結ぶ紐足袋が用いられていました。女性は白のキャラコ(綿織物)が一般的ですが、白以外に色足袋や柄足袋もあります。かつて足袋は冬は裏地がネル、春秋は木綿、夏は表が麻で裏が薄い木綿と言うように、季節ごとに素材を変えていましたが、現在はネルの裏地も少なくなりました。こはぜは3~4枚のものが一般的ですが、日本舞踊で履かれる足袋は5~6枚こはぜを用います。



帯枕


帯枕


帯を結ぶ時にお太鼓部分の形を整えて締める、帯結びの道具です。帯結びの種類が多くなるにつれ、きものの格や、それぞれの結ぶ形に合わせて大きさや型を選ぶようになりました。




帯板(前板)


<br />帯板(前板)



帯を締めた時、胴回りにシワができないように前の帯の間に挟む板状のもののことです。厚紙に布を張ったものや、プラスチック製のほか、自分で帯を締めるときに便利なベルトつきのものもあります。おススメは前結び帯板 これはフィット感もあって自分で着るときも、着付けるときも便利です。



帯締め


帯締め


帯の上中央に最後に締める紐です。帯を結ぶ役目のほか装飾的な役割も強く、着物や帯との色合や材質の調和が重要です。組紐には平たく組んだ『平打ち』と丸く組んだ『丸組み』とに大きく分けることができます。平打ちは幅や厚みがあり安定感があります。丸組みは表裏が無く結びやすいのが特徴です。帯止めに三分紐と言われる細い組紐を通して使う方法も おしゃれで素敵です。



帯揚げ


帯揚げ


帯を結ぶ時の帯枕の上にかぶせ、前で帯の上端におさめて飾る小布のことです。近年は帯結びの技術が進化し、装飾性が強くなっています。素材は薄手の縮緬・紋綸子・合成繊維など、夏物には絽や紗があります。絞り染・ぼかし染め・模様染め・無地のほかに刺繍や金銀箔を施したものもあります。



着物を着ると色々な楽しいことがいっぱいあります。きものは苦しいから…着物はめんどくさいから…そんなことはありません!着付けのポイントを知っていれば、着崩れもせず楽チンです。まずは着物を愛してください!そして、何度も何度も着物を着て楽しさを味わってください。習うより慣れろって言いますよね、着物を着こなせるようになって素敵な大人の女性になってください。

関連記事

スポンサードリンク

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新記事

フォトブック

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (174)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!