人生の慶び事に装う 着物と通過儀礼 | 着物は着てこそキモノです!

人生の慶び事に装う 着物と通過儀礼

人生の慶び事に装う 着物と通過儀礼


人はこの世に生を受けてから、命を終えるその日まで、社会生活の中でいくつかのくぐり抜けるべき節目を設けて、祈りや感謝・社会に対する報告の儀式を行います。
それを通過儀礼と言い、生涯一度の思いをこめた社会的意味の深い儀式です。

人生の慶び事に装う 着物と通過儀礼


お宮参り


お宮参り


無事出産できたことの御礼とともに、生まれた子供の健やかな成長を、氏神さまや守護神さまに祈りをささげます。
室町時代よりの習慣で、生後一ヶ月(男子三十一日目・女子三十三日目)これは地域によって多少異なりますが、母子ともに健康状態の回復を考え、外出に無理がなくなってからと言うものでしょう。
赤ちゃんは産着の上から祝い着をかけて抱かれています。
内祝いですから母親も祖母もあまり華美にならないように気遣い、訪問着または色無地などの略礼服がよいと思います。



七五三参り


七五三参り


数え年 七歳・五歳・三歳の十一月十五日に参るとされています。
三歳は髪置きの儀と言い碁盤の上に載せ髪置き親をたてて儀式を行ったそうです。
五歳は袴着または着袴(ちゃっこ)の儀と言い、はじめて袴を着ける日だそうです。
七歳は帯解き(帯直し)の儀と言い、それまでは着物に付紐をしてきていたものを、着物と紐を別にして、帯を結ぶようになった日と言うことのようです。
男の子は羽織袴(男子紋服)で家紋を着物と羽織に家紋を五つ付けます。
女の子は肩上げ腰上げの付いた晴着に、しごきやはこせこを飾ります。



十三詣り


十三詣り


十三歳は、大人と子供の境目です。
精神的にも肉体的にも切り替わる節目として、四月の十三日に全国120を数える虚空蔵菩薩を祀る神社に、これまでの成長を感謝し、この後の健康と幸せを祈願します。
肩上げの付いた振袖を着る年齢ですが、体格的に成長の早い現在では大人と同じ仕立ての着物を着ることもあります。
色柄や帯結びで子供らしいかわいさを演出してあげてください。



二十歳のお祝い 成人式


二十歳のお祝い 成人式



昨今、成人式では異常に騒ぐ若者が多くマスコミに取り上げられて、話題を呼んでいますが、ひとりの社会人としての自覚と責任感をもった行動をとって欲しいものです。
昔は、男子は元服の儀を祝い、女子は裳着の儀として祝いました。
今の20歳よりずいぶん早い年齢で大人になったことを、お披露目し祝ったようです。
近年、男子の羽織袴(男子紋服)姿も多く見られるようですが、堂々とした凛々しい姿で着て欲しいものです。
女子は未婚女性の第一正装の振袖が多く見られますが、姿勢正しくお行儀良く、この日ばかりはおしとやかに振る舞いましょう。
卒業式などに女子の袴姿が定番となりつつありますが、タカラジェンヌやハイカラさんのようで、これまた一興趣のあるものです。



婚礼


婚礼


近頃は、教会でのウェディングが流行で、洋装の花嫁さんが多く見られます。日本女性の体格も随分良くなり、ロングドレスも似合うとは思いますが、やはり、『金襴緞子の帯締めながら~♪』と歌われた和装の花嫁姿も捨てがたいものです。生涯一度(たぶん)のことですから、思い出に残るすばらしいものであって欲しいものです。
白無垢と言われる白装束は、純白を現し、
『あなたの色に染まります』と言う意味を持っていたと言うことですが、
今そのようなことを言うと問題発言に採られてしまうかもしれません。



花嫁・花婿


花嫁・花婿


花嫁さんは文金高島田という鬘に綿帽子、もしくは角隠しを被り、掛下振袖を裾引きに着て、その上に内掛けを着ます。
掛下振袖は本振袖になっていて、下重ねまたは比翼仕立ての裾にふき綿が入っています。帯は掛け下帯を文庫に結びます。
お色直しでは、綿帽子や内掛けをとり、華やかな色柄の大振袖に
着替えることが多いようです。
この時花婿さんは羽織袴の男子紋服姿で、
お色直しのときは色物に変えることもあります。
あくまで主役は花嫁さんですから・・・・
十二単衣と呼ばれている、女房装束(唐衣五つ衣裳姿)で
結婚式を挙げる方もおられますが、
このときの花婿さんは衣冠束帯でしょうね。



婚礼の参列者


婚礼の参列者


新郎新婦の父親は黒羽二重の五つ紋付き羽織袴かモーニング(燕尾服)
母親は黒留袖。
兄弟は成人以上ならばモーニングかタキシードで、
既婚女性は留袖または色留袖、血縁関係が遠くなれば訪問着や
色無地になり、未婚女性は第一正装の振袖が相応しいでしょう。
挙式やパーティーでは礼を失する事のない装いを心がけながら、
しきたりの中にセンスを生かした装いで列席しましょう。



入園・卒園児の母親


入園・卒園児の母親


あくまで子供本人が主役ですから、あまり華美にならず、
中身とともに明るく優しい母親と言う印象で臨みたいものです。
訪問着や淡い色合いの色無地などが良いと思われます。



地域地方によってその形式は異なりますが、精神の根底にある思いは同じだと思います。生きる時間の中の節目を衣服を正して迎える事に意義があるのではないでしょうか。

関連記事

スポンサードリンク

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新記事

フォトブック

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (173)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!