着物をカッコよく着こなすには どうすればいいの? | 着物は着てこそキモノです!

着物をカッコよく着こなすには どうすればいいの?

着物をカッコよく着こなすには どうすればいいの?


着物をカッコよく着こなしたい
着付けが上手になりたい

そんなとき どうすれば良いのでしょうか?

着付教室に通って お勉強する

まず基本的な着物の知識を得るためにはいい方法だと思います

でも 週に一回 着付け教室に通っても
次 お教室に行くまで 何にもしないのでは
なかなか上手になりません



着物の着付けも スポーツと一緒で
毎日の練習が大切です

一通り基本的な着付け方を習得した後は
とにかく何度も何度も繰り返し 着てみることが一番

数稽古です

そして 着物を着て 外に出かけてみることです
コンビニでも 近所の公園でも 何処だっていいのです

家の中で着ているだけでは 上達は望めません

人の視線を感じ 人の目を気にしながら
次はここをきちっとしよう こういう風にしてみようと
少しづつ成長できると思います

着物の着付けを習って 
自分で着られるようになりたいと思うほど
着物が好きな方ならば きっと上手に着られるようになります

着物愛

これが大切です


そしてもっと上達を願う貴女ならば
着物を着ている人がたくさんいるところへ出かけていきましょう

着物を着ている人を観察するのです

この人の帯結びは もう少し小さいほうがいい  
とか

この人の衿合わせは もう少し合わさっている方がいい  
なんて

どんな着方が美しいかを見究める目が育ってきます


着物の着付けとして 手順は一定ですが
その人の年齢や体型 もちろん着物の種類や
TPO(時・場所・場合)に応じて 相応しい着付け方があり
それこそが美しい着付けなのです


そんなことを言い出すと 

やっぱり着物ってめんどくさい!って言われそうですが
目で見た時の安定感というか 
完成度の高い着姿は 誰が見ても美しいと評価されるでしょう

着物は決まりごとが多くてウザイ!と思われがちですが

着物というものにある決まりごとは

たった一つ 右じん着装法(右前に着つける)だけです

左前に着ると 『死んだとき~!』って言われます


“学ぶ”と言う言葉は 真似る(まねる)からきているそうです



最初は人の真似であっても 自分のものにしようとするには

“習うより慣れろ”ということですね


関連記事

スポンサードリンク

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新記事

フォトブック

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (174)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!