2013年03月 | 着物は着てこそキモノです!

着付け技能士が国家資格になっても 衣裳方は無資格の着付け屋さんです。

着付け技能士(きつけぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関(社団法人全日本着付け技能センター)が実施する着付け技能士に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。
なお職業能力開発促進法により、着付け技能士資格を持っていないものが着付け技能士と称することは禁じられている。この法律の2009年(平成21年)10月15日の法改正により、「着付け」が技能検定の対象職種となり、2010年(平成22年)2月1日付けで、一般社団法人全日本着付け技能センターが「着付け」技能検定に関する指定試験機関として、厚生労働大臣から指定を受けた。

『着付け技能士』で検索するとウィキペディアに書かれていました。

これは着付け技能士でなければ、プロとしてお金をいただき人に着物を着せることができないと言うことではなく、
着付け技能士資格試験に合格した者でなければ『着付け技能士です!』と言ってはいけないと言う事です。

なぜ今になってこのような資格試験制度が設けられたのでしょうか。

着物の着付けは本来なら、親から子に伝えられるべき生活習慣・生活文化の一つだったのだと私は考えます。

親に代わって着物の着付けを教えるためにできた着物着付教室が、
日本中にたくさん出現し、
着物の着方だけでなく和装の知識も含めて学問として教える着物学院が、
その生徒募集のために他校との格差をつける目的で国家資格という形に発展していったのではないでしょうか。(これはあくまで私の考えです)

一時期話題になった検定ブームに、(京都検定)や(漢字検定)(夜景検定)というのがありました。
人はそれを知ってどうするの?って思うような検定もありました。

人間にとって知識欲は必要なものですし、知識の向上は人生を豊かにしてくれます。
その人間の知識欲というものをビジネスチャンスに変えることもできたということです。

自分が着物を着て楽しむという【自装】と、
人に着物を着せるという【他装】では、着付けを習得する目的が別です。

ただ、自分自身が着物を着る楽しさを感じられないと、
いくら人に着物を着せるという技術を習得しても、
着せてもらった人を楽しませることはできないのではないでしょうか。


着付け技能士の国家資格を受検するときには実務経験が必要とありました。
現役の衣裳方は実務経験で叩き上げられた、着付け技能士の国家資格を持たない
無資格の着付け屋さんです。

着付け(師・士)と言う【シ】の付かない職人です。



ポチっと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村
タグ/

富山での仕事は無事終了!


サンダーバードに乗って帰ります。
タグ/

富山城が見えます♪


今日は、富山県民会館で開催される 日本舞踊 伝統と革新
で お仕事します!!
いよいよこれから本番です。
タグ/

富山発伝統と革新


富山へ向かってます!! 3月17日 日曜日 富山県民会館で開催される 日本舞踊会 伝統と革新

今日は、朝いちのサンダーバードで富山へ着いたらリハーサルです!
タグ/

春の訪れ…気配を感じます♪


昨日は4月下旬の暖かさだったというのに、今日はまた冬に逆戻りしたかのような寒さです。でも、しっかり春の訪れを感じさせるかわいいツボミ発見!!春が待ち遠しい今日この頃です。
タグ/

西陣織大博覧会



タグ/

日本舞踊 春の舞台衣裳展 開催のごあんない!

2013春の衣裳展


日本舞踊 春の舞台衣裳展 開催のごあんない!

開催日時:2013年4月10日(水)~4月21日(日)
                休館日 4月15日(月)
開催場所:京都 西陣・大黒町  織成舘
 (織成舘 常設展もご覧いただけます)

今回の衣裳展では 
喜撰 妹背山 京鹿の子娘道成寺 鐘ヶ岬 
松の羽衣 伯了 戻り籠 京人形 の衣裳を
ご覧いただく予定です
http://www5a.biglobe.ne.jp/~ueshima/
タグ/

きもので婚活!なかなか面白い企画ですね

kimonodekonkatu

『きもので婚活』

なかなか面白い企画を見つけました。

日本舞踊の衣裳屋さんも
舞台衣裳で婚活!ってゆうのをやってみたいですね

白塗りのお化粧をして かつらもつけて

お姫様や お殿様 町娘やお侍様 いろんな格好をして婚活って
面白いと思いませんか?

きもので婚活が カツサンドなら

衣裳で婚活って イイッショ! なんちゃって!
タグ/

芸舞妓の衣裳展 ~やかたの宝物~ 先斗町

geimaikoponto

芸舞妓の衣裳展 

京都 西陣の 織成舘で 3月17日まで開催されています。

いつも織成舘では 日本舞踊の衣裳展を開催させていただいてますが、

今回は京都にある五花街(祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町・上七軒)のうちの
先斗町から
実際に芸舞妓さんが ふだんお座敷で着ている着物や帯が展示されています。

舞妓さんのかんざしも たくさん飾ってあり、見ごたえがあります。
また、大変貴重なポッチリも間近で見ることができ
その豪華さに圧倒されます。

私がいつもお仕事で扱わさせていただいている日本舞踊の衣裳とはまた違った趣きを感じます。

京都の花街といえば 『一見さんおことわり』と言う事で有名ですが、
今回、『女性のための お茶屋遊び』を体験することができるそうです。

3月13日(水)午後4時から6時まで
京都西陣の織成舘にある 日本情緒たっぷりなお庭の見えるお座敷で
先斗町の芸舞妓さんの舞や 粋なお座敷遊びを楽しめます。

和久傳さんの京料理も味わえます。

女性限定で 当日 お着物で参加される方には割引サービスもあるそうです。

わざわざ着物で行くのは大変!という方は、上嶋衣裳店までご一報を
着物レンタル やってます!!


pontosetumei

京都西陣 織成舘 お問い合わせは 075-431-0020 
(要予約先着順 20名様限定)
タグ/

加賀ゆびぬき展を見てきました

kagayubinuki

加賀ゆびぬき展を見てきました。

いつもお世話になっている 京都西陣の織成舘さんで開催されている

『加賀 ゆびぬき展 春・色・彩』

3月1日から開催されていたのですが、
今日 やっと見に行ことができました。

ご近所なんですが、3月は 御蔭様で仕事が忙しくしておりましたが、
8日からの神戸文化会館での花柳伊奈輔師匠の舞踊会の仕度もやっと出来上がり
見に行く事ができました。

外国の方や 地方からのお客様で 加賀ゆびぬき展は たいへん賑わっていました。

私たちが普段使っている指貫とはちょっと違い、
工芸品として とても細かい作業で 可愛く作られたゆびぬきは
見ているだけで春を感じる彩り 
そばに飾ってあった 年代ものの素晴らしい雛飾りのお雛様も
嬉しそうな様子でした。

指ぬきがこんなにも表現力を秘めたものと気づき
普段何気なく使っている日用品や生活用具にも
もっと愛情を持って接しなくてはいけないと感じ、
身の回りの小さなものにも感謝する想いでした。

yubinukisetumei
タグ/
| HOME |

スポンサードリンク

最新記事

フォトブック

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (143)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!