着物の着付けと帯結び | 着物は着てこそキモノです!

成人式の振り袖 着付け料金の相場はいくら?

成人式の振り袖 着付け料金の相場はいくら?

fukurasuzume.jpg


成人式で振袖を着たいと思われる女性は多いと思います
そんなとき 着付けて貰う料金が高いのではないかが心配です

成人式の振り袖を 着付けて貰うとき 
着付け料金の相場はいくらぐらいなのでしょうか

着付けてもらうとき 
・美容室で着付けてもらう
・着付けができる知り合いに頼む

そのどちらかになるかと思いますが

美容室などで着付けてもらう場合
振袖の着付けは 8000円~15000円が料金の相場のようです

あくまでこれは一般的な料金としておきます
地域の物価によっても違いますし

早朝や深夜に着付けてもらう場合や
自宅や指定の場所まで出向いてもらう 出張着付けは
別途料金化加算されることもあります

特に 成人式や卒業式のシーズンともなれば
希望する日時がいっぱいになることもあるので
早めの予約が必要です

予約するとき

着付けてもらうのに要する時間はどれくらいか
それによって 何時からの着付けを予約するか決めます

自分の振袖を持ち込むときも 振袖レンタルを利用するときも
振袖の着付けに必要なものが全て揃っているかどうか
きっちり確認しなければいけません

うっかりと忘れがちなものに
肌襦袢や足袋があります
長襦袢に半衿が掛かっているかも 要確認です

必要な小物 揃っていますか?

腰紐や伊達締めは何本いるか?
衿芯や帯枕 前板と後板は?
飾り紐や伊達衿

どのように着付けて欲しいのか
帯の結び方は 
羽根がたくさんあって・・・
シンプルな形に・・・・
ふくら雀がいい・・・    など

その際 
別料金になることはないかも含めて
しっかりと料金を訊いておくことが大切です

美容室で着付けてもらう場合
明確に示してくれるかどうかも 
美容院を決める時の大きなポイントです


着付けができる知り合いに頼む場合
気心が知れている人ならば 安心かもしれませんが
反対に 気遣うあまり 
しっかりと希望が伝えられないこともあります


着付けてくれる人の技量を問いただすこともできませんし
着付けの出来上がりに 満足していなくても
クレームをつけることもできないかもしれません

着付け料金が 御礼という形になったとしても
多いか少ないか その価値観には個人差があります

気まずい思いをしない為にも 
美容院で着付ける方が無難かもしれません

美容室によっては
ヘアメイク(メイキャップ ヘアセット ネイル)とセット料金
振り袖のレンタルとセット料金
写真撮影とのセット料金     
などの 

料金プランを設定しているところも多いようです








タグ/

衿合わせの胸元で年齢がわかる

衿合わせの胸元で年齢がわかります

maikoeri.jpg
舞妓さんの衿合わせ

geikoeri.jpg
芸妓さんの衿合わせ

sasameyuki.jpg
舞台『細雪』のポスターから引用しています
4人姉妹 それぞれの年代に応じた衿合わせが素敵です


きものは胸元の衿合わせ加減で 年齢がわかります

言い換えれば
年齢に応じた衿合わせをすることで
より一層 着物姿を美しく着付けられるのです

着物姿で 最も視線の集まるところ それは 『襟元』

襟元は衿合わせ次第で 粋に見えたり 野暮ったく見えたりします

舞妓さんは十代半ば過ぎの年齢なので
初々しさを強調して 衿合わせは高い位置で合わせます

成人式も同じ様に高い位置で合わせますが 
舞妓さんよりは少し大人っぽく衿を合わせます

芸妓さんのように粋筋の方は 
艶やかな色気を感じさせる衿合わせです

留袖や訪問着を着るときも 年齢にあった衿合わせをします

若い人は襟を高い位置で合わせ 帯も胸高に締めます
年配の方は襟元も帯位置も少し低く着付けます

どれ位の高さに衿合わせをすればいいのかと
訊かれることがあります

着物の衿は 襦袢の衿に添えるように合わせますので
襦袢の衿合わせが肝心です

顔の中心から体の中心を結ぶ線上で
襦袢の襟をクロスさせるのですが

この位置が高いほど若い人の着付けということです

衿自体の合わせ方ですが
襦袢の襟がバストポイントに被るようにすると
年齢にあった位置で衿合わせができます

つまり

年齢に応じて下がってくるのは
頬や お尻のお肉だけではなく
バストポイントも 引力に逆らえず下がってくるようです

体の中心でクロスして 
バストポイントの位置に襦袢の襟を持っていくと
その年齢の衿袷になるということです

襦袢の襟に着物の襟を乗せるとき
衿の出し加減に注意が必要です

刺繍の施された襟や 絞り染めの襟・色襟など
着物の品格を損なわないように気をつけて
個性を表現し 楽しみたいものです

若く見せたいからといって 無理に高い位置で襟を合わしても
若返れるわけではありませんから お気をつけください!

タグ/

着物の抜き衿? 衿の抜き加減はどのくらい?

着物の抜き衿? 衿の抜き加減はどのくらい?

襟を少し抜いて着る 
襟足の美しさは 着物の着姿の特徴です

洋服ならば はおって袖を通し
ボタンやファスナーを締めれば 簡単に着用できます

袖の形や衿の形 多種多様 
豊富なデザインを楽しむことができます

ところが

着物の場合 
その形はシンプルで
形としては 袖の長さくらいしか違わないのです

その単調な形の着物を
素材や 着る人の年齢・個性 
着る場面に応じて対応していくのが着付け方です

この着付けという厄介な手法を会得しなければいけないことが
着物を着ると言うことを躊躇させる原因の一つかも知れません

しかし この面倒と思われがちな手法を
自分のものにしてしまえば
人と違う自分らしさを表現する 
強い方になってくれることは 間違いありません


衿の抜き加減 どれくらい抜けばいいのでしょうか?

元々 どうして着物は襟を抜いて着るのでしょうか

今の着物の形がほぼ出来上がってきたのは江戸時代です

時代劇や歌舞伎で見るように 
当時の女性は日本髪を結あげていました

お相撲さんが髷を結うように 
鬢付けという油脂を使って 髪を結い上げる
日本髪の襟足のところをツトと言います

鬢付け油が着物につかないように
ツトの部分が衿に触らないように
襟を抜いてきるようになったのだと思います

今でも襟を抜いてきるのは その名残でもあるようです

襟が詰まっていては 首元に自由が効かず苦しい感じがします
かと言って
襟を抜きすぎていては
だらしなく下品にも見えます

昔のように日本髪を結っていない今は
その髪型にあわせた抜き加減がいいと思います

ショートヘアーの場合は少なめに

アップスタイルのときは 
襟足から握りこぶし一つ分位の抜き加減が適当かと思います

肩幅や体の厚みが大きめな方は 
襟を外に逃すように やや大きめに抜き衿を取ると
体型をカバーできます

このような方は 着物を仕立てる時に 
繰越を多めに仕立てると 抜き衿がしやすくなります


また 衿の抜き加減は 衿袷にも大きく関係してきます

体型や年齢に合わせた衿合わせについては
この次また・・・・ 

タグ/

着物をカッコよく着こなすには どうすればいいの?

着物をカッコよく着こなすには どうすればいいの?


着物をカッコよく着こなしたい
着付けが上手になりたい

そんなとき どうすれば良いのでしょうか?

着付教室に通って お勉強する

まず基本的な着物の知識を得るためにはいい方法だと思います

でも 週に一回 着付け教室に通っても
次 お教室に行くまで 何にもしないのでは
なかなか上手になりません



着物の着付けも スポーツと一緒で
毎日の練習が大切です

一通り基本的な着付け方を習得した後は
とにかく何度も何度も繰り返し 着てみることが一番

数稽古です

そして 着物を着て 外に出かけてみることです
コンビニでも 近所の公園でも 何処だっていいのです

家の中で着ているだけでは 上達は望めません

人の視線を感じ 人の目を気にしながら
次はここをきちっとしよう こういう風にしてみようと
少しづつ成長できると思います

着物の着付けを習って 
自分で着られるようになりたいと思うほど
着物が好きな方ならば きっと上手に着られるようになります

着物愛

これが大切です


そしてもっと上達を願う貴女ならば
着物を着ている人がたくさんいるところへ出かけていきましょう

着物を着ている人を観察するのです

この人の帯結びは もう少し小さいほうがいい  
とか

この人の衿合わせは もう少し合わさっている方がいい  
なんて

どんな着方が美しいかを見究める目が育ってきます


着物の着付けとして 手順は一定ですが
その人の年齢や体型 もちろん着物の種類や
TPO(時・場所・場合)に応じて 相応しい着付け方があり
それこそが美しい着付けなのです


そんなことを言い出すと 

やっぱり着物ってめんどくさい!って言われそうですが
目で見た時の安定感というか 
完成度の高い着姿は 誰が見ても美しいと評価されるでしょう

着物は決まりごとが多くてウザイ!と思われがちですが

着物というものにある決まりごとは

たった一つ 右じん着装法(右前に着つける)だけです

左前に着ると 『死んだとき~!』って言われます


“学ぶ”と言う言葉は 真似る(まねる)からきているそうです



最初は人の真似であっても 自分のものにしようとするには

“習うより慣れろ”ということですね


タグ/

中年おばさんの『女子会』的な きもの着かた教室を始めることになりました。

kouken


『着物の着方を練習する』お教室を始めることになりました。

【着付け教室】と言うような たいそうなものではありません!
以前は とある和装学院の着付け教室で、
着物の着方をご指導させていただくようなこともやってました。
その後、此処20年以上 衣裳方として日本舞踊の現場で衣裳着付けのお仕事をやって来ました。
時間との戦いを繰り広げる楽屋の中で日々実践の毎日、
立方さんが気持ちよく踊れるようにと云う想いを込めて、
衣裳の着付けにも創意工夫を重ねてきました。
そんな中で見出したアイデアや秘伝の技をちょこっとお伝えしたいと思っています。

私がお勤めしている『株式会社 上嶋衣裳店』のお針場(縫製部)の方から、
着物の着方を教えて欲しいとご要望いただき始めることになりました。
きもの着付教室とか、お教えすると言うような大袈裟なものではなく
『まずは皆んなで着物を楽しみましょ!』と言う会にしようと思っています。

お針場(縫製部)の方は、着物を縫うことができる着物のプロです。
ただ今までお仕事が忙しくて自分自身が着物を着て楽しむことが出来ていなかったとおっしゃっています。

私自身はどちらも齧って来た訳ですが、
ここでハッキリと言えることは、
着易い着物を縫うためには、自分で着てみて着心地を感じること!
着物を美しく着こなす為には、着物の縫い方(仕組みと成り立ち)を理解しておくことが必要だということです。

ということで、お針場(縫製部)の方にも着物を着て楽しむことを感じていただけたら、
着物を縫うというお仕事に必ず役立つ事と思います。
そして私もお勉強させてもらいます。
お針場(縫製部)の方から衣裳方に対する生の意見を訊ける機会だと思います。
『衣裳の寸法直しをお針の人にお願いするとき、縫う人の気持ちをもうちょっと考えてほしい!』なんてことがきっとあるはずです。
とりあえずは3~5人集まって我が家のリビングで、
お菓子などを持ち寄ってワイワイ騒ぎながら、
中年おばさんの『女子会』を楽しみたいと思います。
また、その様子を報告しますのでお愉しみに!


ポチっと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

地唄舞 『雪』 角出し結び

地唄 雪 つのだし
タグ/

着物を着るときにオススメしたい、便利で使いやすい和装小物&着付けの道具たち

和装小物



普段、着物を着る機会があまり少ないと、イザ着ようと思うときに手間取ってしまうものです。
着物を着る前には、腰紐や伊達じめ、足袋も揃っているか ちゃんと点検してますか?
『あっ!衿芯どこにあったっけ?』
『わー半衿付いてない!?』
ドタバタ大騒動していませんか?
そんなときでも今とっても便利な着付けの道具が、いろいろ開発されています。
ちょっとしたアイデアグッズ、こんなのがあると超━━━━便利!! 
そんな優れ物を集めてみました。

記事の続きを読む ≫

帯のお話し

のお話し

の役割
江戸時代の初めころまでは今ののようなものはありませんでした。
小袖を着る時の紐状のものが、装飾性を求めて袖丈が長くなり、
振りが開くようになると同時に紐がとなり、
幅も広くなっていきました。
材質としては染めのと織りの帯がありますが、
一般的に染めの着物に織りの帯、織りの着物には染めの帯と
いわれていますが、
その限りではなく、自己の個性をおおいに表現すればよいと思います。
着物一枚帯三本と言われるように、
一枚の着物も帯を替えることで、幾通りもの楽しみ方があります。
着物と帯のバランスに配慮する事をオススメします。

帯の種類

■丸帯
帯の中でも最も格式が高く、織り地は糸錦・金襴など豪華なもので
全通(全体柄)の広幅に織られ、約八寸の幅に二つ折りして
縫い合わせてある。
長さは1丈2尺以上あり、花嫁のお色直しや芸妓さんの正装に使われる。留袖や訪問着の二重太鼓にも使われる。
舞妓さんのだらりの帯は丸帯でできていて、
一丈六尺程もあり垂れ先に家紋が入っている。

■袋帯
重たい丸帯に代わって使われるようになった。
本袋帯は袋状(輪)に織られたことからこの名前が付いたが、
今では殆ど無地の布(帯裏地)と縫い合わせた縫い袋帯が多い。
おもて面の全面に柄のある全通や、手先側に一尺~一尺五寸と垂れ側に六割程度柄の付いた六通、八割ほど柄のあるものを八通という
緞子や錦の帯は華やかな振袖の変わり結び
(ふくら雀・花結び・文庫結び・熨斗 結びなど)に結び、
留袖・訪問着・色無地の礼装や略礼装のときに二重太鼓を結ぶ。

■名古屋帯
大正時代に名古屋の和裁の先生によって考案され、
手軽で便利なことから一般的に広まったと言われる帯で、
胴の部分が二つ折り(4寸幅)に縫われていて、
垂れ先側は三尺三寸ほどを折り返し(八寸幅)に縫われている。
お太鼓柄(お太鼓の面と胴の前に来る部分に柄がある)や
六通柄があり、一重のお太鼓結びができる。
染めの帯・織りの帯と種類も豊富で、おしゃれ着・普段着に用いられる。黒共帯はこの仕立て方になっていて喪服の時に締める。

■名護屋帯
北九州の名護屋という所に中国の明から移り住んだ渡来人が、
技法を伝承した太い(直 径5センチ程もある)組紐の帯を
名護屋帯と呼び、元禄時代に流行した。

■半幅帯
半幅(四寸)に織られた帯と、
四寸幅の二つ折りにして縫われたものとがある。
単衣のものはゆかたや夏の普段着に、
二重のものは金襴や錦・唐織の物もあり、
お しゃれ着に結び方をアレンジして楽しめる。
博多献上柄の帯は締めやすく飽きのこない定番柄として
年齢を問わず 人気があります。

■昼夜帯
明治・大正時代、裏に黒繻子を縫い合わせた帯を昼夜帯と言ったが、
今はおしゃれ用にリバーシブルの帯として
両面ちがう色柄を楽しめる帯のことを言う。

■夏帯
絽・羅・紗などの透ける素材を使うことで清涼感を醸し出す。
垂れ先側の両端を縫わずに開けておき、
涼しげに見せる仕立て方(トンネル仕立て)がある。

■兵児帯
総絞りのものや端絞りのものなどもある、
やわらかい広幅の布で三寸位の幅に折って
後ろで蝶結びか片蝶結びにする。
おもに男物の着流し用で正装には使わない。
着用が楽なので、小さな子供用の帯としても用いられるが、
最近は若い女子にもおしゃれに取り上げられている。
タグ/ 帯結び
| HOME |

スポンサードリンク

最新記事

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (58)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!