『和』の心 | 着物は着てこそキモノです!

作務衣は おしゃれなホームウェア

作務衣は おしゃれなホームウェア

甚平と作務衣 語源の由来 素材生地と仕立て方や着用時期と用途の違い





作務衣(さむえ)は
禅宗の僧侶がお務めや 日々の雑事(作務)を行うときに
着る衣服のことです

「作務衣」は本来
作務を行う時に着るもの全般をさし
特定の形が決まっているわけではなありませんでした

僧侶が掃除や薪割り
畑仕事など寺院を維持するための労働を行う時に着用する
作業着であるため
正式の坐禅や法要の時に着用するものではありません

現在のような形の作務衣があらわれた時期は
はっきりしないのですが
古くとも明治以前にさかのぼるものではなく
一説には昭和40年代に永平寺で用いられたものが
最初であるとされています






原形は着物の上に着た上っ張りともんぺで
実際に当初のものは着物の袖を納めるために現在よりも上衣の袖が太かったようです

「長作務衣」と呼ばれる上衣の裾が長いものもあり
曹洞宗の僧侶が外出時などに着用していました

袖口と足首の部分は埃やゴミが入らないよう
ゴム紐などで絞ってあるものが多いようです

素材は麻や綿のほかポリエステルと多彩で
僧堂において大衆と呼ばれる修行僧は黒色
住職など一定以上の資格をみとめられた僧侶は
藍や茶など黒以外の色を着用する場合が多いのだそうです

日蓮正宗の僧侶は 作務衣に似たようなもので
「事務衣」(じむころも)というものを着ているようです

事務衣は法要や勤行の時以外に着用します

袈裟を通す紐が付けられており
指導会や会議等では事務衣に小袈裟を着用することもあるようで
色は通常 地味なねずみ色を用います

神社の神職も作務衣を着ることがありますが
その多くは白色のようです

その名称は「作業衣」または「白作務衣」などと言い
また作業袴というものもあるということです

身体を締め付けず着用しやすいため
現在では僧侶固有のものとしてではなく
甚平と共に単なる部屋着の一種として扱われることも多く
熱心な愛好者もおられるようです

一般用には上衣の上に羽織るちゃんちゃんこが付属したり
素材も刺子やキルト地など
僧侶用とは大きく異なる製品もあります






量販店などでは甚平を作務衣と誤表記して
販売しているところもみられるようです

僧侶のための作業着だった作務衣ですが
古くなった着物を利用して作こともできますし
家でくつろぐ時のホームウェアとして
作務衣はとても機能的で素晴らしいと思います














タグ/

2月3日は節分 豆まき いわしの頭 節分おばけ 恵方巻き 今年の恵方は?

2月3日は節分です

四季 それぞれの始まりの日を 立春・立夏・立秋・立冬といい
春の始まりが 立春です

季節と季節を分ける 
つまり 立春・立夏・立秋・立冬の前の日が節分に当たります

どの季節の始まる一日前も 節分ですが

今は 一年で一番最初の季節 春 が始まる前の日を

“節分”とよんで 新しい春を迎える いろいろな行事が行われます

2015年(平成27年)は 立春が2月4日ですから
『2月3日』が節分の日になります

●節分には 豆まきをします
一年の邪気を追い払う為に
古くから豆撒きの行事が執り行われていました

宇多天皇の時代に 鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを
祈祷をし鬼の穴を封じて 三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし
災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われています

何故 豆を撒くかと云うと 
穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっているという信仰から来ています

また 『マメマキ』という語呂合わせで
「魔目」(豆・まめ)を鬼の目に投げつけて鬼を滅する

「魔滅」に通じ 鬼に豆をぶつけることにより
邪気を追い払い 一年の無病息災を願うという意味合いがあるのだそうです

「福は内 鬼は外」と声を発しながら 福豆(炒った大豆)を家中に撒いて
鬼を追い払います

『鬼は外』と外に向けて豆を撒いたら 
すぐに戸を閉めて 鬼が入ってこないようにします

厄除けをするために かぞえ年の数だけ もしくは年齢より一つ多く豆を食べます 
そうすることで 体が丈夫になり
一年間 風邪をひかないという習わしがあるところもあるようです


●巻き寿司の丸かぶり
恵方巻き(巻き寿司)を 切らないまま 
その年の恵方に向かって 無言で丸かぶりして食べます
徐福 恵方巻きセット徐福 恵方巻きセット
()
徐福寿司

商品詳細を見る

2015年 今年の恵方は “西南西”です

恵方巻き 丸かぶりの由来としては
江戸時代の終わり頃 大阪の商人たちの商売繁盛と厄払いの意味合いで
立春の前日の節分に「幸運巻寿司」の習慣が始まったとされています

その原型は 船場の旦那衆の お茶屋遊びから来ているようですが
一時は途切れていたようです

昭和の初期になって 大阪鮓商組合や海苔協会などが
寿司海苔の販売促進を狙って
『節分に丸かぶりし寿司』というチラシを配り宣伝したそうです

以後も それ程広まってはいかなかった風習ですが
バブル期と共に 食文化も豊かになり 少しづつ根付いていったようです
くるくるワッフル 恵方巻 福くるくる ( ロールケーキ 節分 )くるくるワッフル 恵方巻 福くるくる ( ロールケーキ 節分 )
()
ワッフル・ケーキの店R.L エール・エル

商品詳細を見る

1998年 節分のイベントとして目をつけたセブンイレブンが
『恵方巻き』というネーミングで全国販売することになり 
一気に広まって行きました

フードイベントに便乗した 商戦の一つで
商売繁盛や厄払いという御利益は 後付けのモノのようです


●節分の献立 焼きイワシと畑菜の辛子和え

節分の日の献立として 地方によっても違うと思うのですが

私の住むところでは昔から
節分には『いわしの焼いたんと畑菜の辛子和え』が献立のメニューです

しかし 節分にイワシを食べるというのは 全国的のようで

その証拠には 節分の日の縁起物として知られる『柊鰯』があります

関西では『焼嗅(やいかがし)』や『やっかがし』
『やいくさし』『やきさし』など 色んな名前で呼ばれているようです

柊鰯の由来や節分に飾られる理由は魔除けのためです


昔から“臭いもの”や“尖ったもの”には魔除けの効果があるとして
祭事などによく用いられる風習がありました

節分の場合
魔は『鬼』のことで
“臭いもの”は『鰯の頭』
“尖ったもの”は『柊の葉の棘』を指しています

柊鰯によって鬼が家の中に入ってくるのを防ぐことが出来るというわけです


また もっと具体的に 焼いたイワシの臭いで鬼を遠ざけたり
尖った柊の枝で鬼の目を刺すとも言われています

ちなみにこの柊鰯の風習は実は古くからあり
平安時代に描かれた『土佐日記』や江戸時代の『浮世絵』に登場しています


●節分のお化け

厄払いの為に 節分の日に普段と違う服装で社寺参拝を行う

いつもと違う扮装をすれば 
魔を追い払うことが出来ると信じられたことから始まったものとされています

“節分のお化け”と云うと 今では 花街にだけ残っている風習です

東京の浅草 京都の祇園などの花街 大阪の北新地などでは
芸者(舞妓、芸妓)やホステスが
節分の前後に通常の芸妓衣装ではない 様々な扮装を凝らし

男性が芸者の格好をしたり 花街の芸妓さんたちがお侍さんの格好をしたり

歌舞伎で云う“天地会”のような 
普段 絶対にしないような格好をするという お遊びです(信心深くはありません)

しかし 昨今では 花街で粋なお遊びをするダンナ衆も少なくなり
大掛かりな“節分のお化け”は あまり見かけることができません

かろうじて“節分のお化け”で扮装している人も
アニメに出てくるキャラクターのような格好ばかりになっています

この“節分のお化け”とは違い
若い人たちが楽しんでいる『コスプレイベント』などのほうが盛んです
メイド ウェイトレス 服 フレッシュカラー 萌え イベント コスプレ 衣装 コスチューム オレンジMメイド ウェイトレス 服 フレッシュカラー 萌え イベント コスプレ 衣装 コスチューム オレンジM
()
コスプレ ファッション

商品詳細を見る

“節分のお化け”が 誰にでも参加できる節分のイベントになれば
節分をもっと楽しむことができるのではないでしょうか

タグ/

下駄(げた)は、日本の伝統的な履物で、用途に応じて多種多様の素材でつくられ、形もいろいろあります。

下駄



下駄 (げた)は、日本の伝統的な履物で、足を乗せる木でできた板に、歯を台に差込む構造のものと、一本の木から繰り抜いたものがあります。足の親指と人差し指の間に鼻緒を挟んで履きます。日本の伝統的な履物では、木製など硬質な素材でできた履物を下駄と呼び、草や樹皮、革などの柔らかい素材で作られたものを草履と分けられています。鼻緒が踵まで覆っていて足が離れないように踵の後ろで結ぶ形の履物を草鞋(わらじ)と呼んでいます。平安時代後期から江戸時代ごろまで日常的に用いられ、江戸期にはもっぱら雨天の履物であったようです。

記事の続きを読む ≫

和装品に関する京都の伝統工芸品 手作り体験できるミュージアムもあります。

京都の伝統工芸品


京都の伝統工芸品
伝統工芸品とは、その技法が百年以上受け継がれていて、生活の中で活用されている日用品の事を言います。昔ながらの製法を守り京都で作り続けられている京都の伝統工芸品は、和装品に関する物に多くみられます。伝統工芸品に指定されている品々の持つ独特の風合いを損なわないよう、それでいて常に品質の向上を願い、各伝統工芸品組合や協議会が基準を定めていて、伝統工芸品としての品質を証明するために証紙があります。

記事の続きを読む ≫

和装にピッタリ!組紐でつくる伝統的な飾り結びの結び方

梅結び



飾り結びの結び方には、幾通りもの結び方があります。いにしえより結び目には不思議な力が宿るとされていて、神具・仏具をはじめ 雅やかな装束の結び・馬具や甲冑に使われる武具の結び、鼓や筝などの邦楽の楽器に使われる結び、その他 茶道・香道、祀りごとから 伝統文化・伝統芸能に至るまで、あらゆる所で色々な結びが、日本特有の伝統として受け継がれています。和装にとどまらず、インテリアとしても可愛い飾り紐の結び方をマスターしてみませんか?その中でも『梅結び』と呼ばれる飾り紐の結び方を、伝統工芸品の組紐を使って結んでみました。帯締めの長さで作れますので、是非一度お試し下さい。





ポチっと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

記事の続きを読む ≫

自分にピッタリ合った着物の寸法の測り方と寸法の割り出し方とは?

お誂えの着物


着物を仕立てるときに知っておきたい着やすい着物とは、いったいどんな着物でしょうか?
デパートなどで売られている洋服でしたら7号・9号・11号と(メーカーによっては5号から17号くらいまで)また、少 なくとも S・M・L などの企画サイズが豊富にあり、バスト・ウエスト・ヒップ・身長・股下・首周りなど、たくさんの チェックポイントがあります。その中から自分のサイズに一番近いものを選ぶことで、体型によりフィットした洋服を 求めることが出来ます (プレタポルテ)
また、きちんと自分の体型を採寸してもらって作るオーダーメイドならば更にご自分のサイズですから、もちろん 身体にぴったりフィットすることでしょう (オートクチュール)
ところが着物は、最近でこそプレタ着物なるものが売り出される様になりましたが、洋服のプレタポルテほどサイズが豊富ではありません。それは、着物が本来 体型に対して余程の違いが無い限り、着方で多少の融通を 利かせることが出来るものだったからです。確かに身長や身幅は、裾の合わせ方や紐位置で何とかなるものですが、しかし、そのようにアバウトなものであるだけに、その分、着るときの技術が要求されるわけです。
プレタ着物が出現するまでは、着物というものはすべて反物か仮絵羽された状態で販売されているものでした から、100%がオートクチュールということになります。

記事の続きを読む ≫

帯と着物の調和が大切です 礼装用から普段着街着用まで用途別帯の種類と結び方

帯と着物の調和

帯には 丸帯袋帯なごや帯・袋なごや帯・掛け下帯・半幅帯角帯兵児帯昼夜帯など、たくさんの種類があります。着物にフォーマルとしての礼装があるように、その着物にあわすべき帯にも『格』があります。帯の種類というと材質の違いや形状の違いも多種多様ですが、帯も着物同様 格の合ったものどうしを選ばなくてはいけません。格式の調和・材質の調和・色彩の調和を考え、美しい着物姿、美しい着こなしをするためには、それぞれの帯の種類とその特徴を知っておくと便利です。

記事の続きを読む ≫

洗える着物だから汗を書いても大丈夫!『汚しちゃったらどうしよう!』なんて心配しないで気軽に着物が楽しめます

洗える着物


洗える着物がきものビギナーに大人気です。着物は着てみたいけど後始末が大変だから…って躊躇っていませんか?着慣れていないから汚しちゃったらどうしよう…そんな方にも洗える着物なら心配不要です。最近の洗える着物は風合いも着心地も正絹の着物と間違うくらい良いものがたくさん売られています。お値段だってとってもリーズナブルだから気軽に買えちゃいます。これで心置き無く着物が楽しめますね!

記事の続きを読む ≫

着物を着付ける前に用意しておく和装小物 これだけ揃えれば今すぐキモノが楽しめます

着られないなんて言わせません


着物を着たいと思ったときに 着物と帯以外に何が必要ですか?とよく訊かれます。自分で着るときも、着付けてもらうときも、どんな和装小物を揃えておけば良いかをまとめてみました。常にこれだけのものをひとまとめにしておくと、イザと言うときすぐに役立ち便利です。もう、着られないなんて言わせません!

記事の続きを読む ≫

夏は浴衣を涼しげに着こなして 粋に艶っぽく女子力アップ

花火大会


昨今の着物ブームの火付け役はゆかたでしょうか?
いつもは閑古鳥が鳴いている(失礼!)デパートの呉服売り場も、ここ数年 夏が近づくとまるでお花畑のように華やかな彩りのゆかたでいっぱいになって売り場の面積もぐ~んと拡大されます。浴衣は一枚だけで着るために着易く、洋服感覚で着ることができます。またお値段も着物に比べて随分手ごろでお求めやすいので、ファッションにはかなりうるさい若いお嬢さん方にも、夏の必須アイテムとしてに大人気です。

記事の続きを読む ≫

着物を美しく着て楽しむためには、着物の形や種類をよく知ることから始めましょう!

着物の形の構成


着物は襟・袖・身頃・おくみの4種類の部位で構成されていて、一反の反物を直線断ちした8枚の長方形の布でできています。
長方形の布を直線縫いで繋ぎ合わせた、とってもシンプルなシルエットです。
あまり難しいことを言い出すと、『着物はめんどくさい』といわれてしまいそうですが、着物のプロフィールの中の面白いエピソードと捉えて頂ければ、着物に対する興味や好奇心が湧いてくるかも知れません。
着物の決まりごとというより、着物を構成している原点と思われる特徴は、平面であることです。

記事の続きを読む ≫

日本の民族衣装 着物について その歴史をひも解いてみましょう

きものが歩んだ道


きものが歩んだ道
現在私たちが着物と呼んでいるこの形は時代の流れの中で、
幾度ものモデルチェンジを繰り返し、今日の姿となりました。
今後和服というジャンルの中で日本人の生活様式の変化に伴い、
ライフスタイルに即した形へと移行していく可能性は
大いにあると思います。
着物に限らず、伝統工芸・伝統芸能・伝統文化など、後世に伝えていくべきものは、その時代の生活スタイルやニーズに合わせたバージョンを併用できるような、頭の柔軟性が必要なのかも知れません。

記事の続きを読む ≫

| HOME |

スポンサードリンク

最新記事

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (58)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!