京都婚 | 着物は着てこそキモノです!

最高の婚礼貸し衣装で結婚式場のシチュエーションからトータルプロデュース

花嫁・花婿


花嫁さんは文金高島田という鬘に綿帽子、もしくは角隠しを被り、掛下振袖を裾引きに着て、その上に内掛けを着ます。
掛下振袖は本振袖になっていて、下重ねまたは比翼仕立ての裾にふき綿が入っています。帯は掛け下帯を文庫に結びます。
お色直しでは、綿帽子や内掛けをとり、華やかな色柄の大振袖に着替えることが多いようです。
この時花婿さんは羽織袴の男子紋服姿で、お色直しのときは色物に変えることもあります。

記事の続きを読む ≫

| HOME |

スポンサードリンク

最新記事

フォトブック

楽天

プロフィール

かぶきもの

Author:かぶきもの
着物が大好きな京都生まれ 京都育ちの
『かぶきもの』と申します

着物のこと  京都のことなど
私の好きなものをたくさんご紹介してまいります
どうぞ宜しくお願いします

作務衣

ブログランキング

検索ボックス

スポンサードリンク

Amazon

カテゴリ

日本舞踊の衣裳方がつぶやくキモノ話し (24)
京都はほんま よろしおすえ~! (201)
振袖レンタル (10)
『和』の心 (12)
アンティークきものがお洒落です (5)
気軽に楽しむレンタル着物 (4)
伝統工芸・伝統文化・伝統芸能 (4)
キモノ美人になって楽しみましょ! (10)
結婚式は着物で和装ウェディング (3)
着物はコーディネートで100倍楽しむ (8)
楽しさがよみがえる着物リサイクル (7)
キモノメンテナンスお役に立ちます (3)
着物で祝う想い出づくり・通過儀礼 (2)
着物の着付けと帯結び (8)
何となく なんでもない話題 (3)
トレンディーな話題 (9)

着物は着てこそキモノです!